読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

方向性とかの話

たわごと

以前ある方法で自分の心と向き合った結果、おれはこういう理由で、本当はこういう事がやりたいんだなというのが分かった。

(これは別に怪しいもんではなく、ロジカルシンキングみたいなもん)

ちなみに、あほくさって思われるかも知れないけど、自分の今の現状は全て過去の自分が望んだ通りになってるってのも理解した。

で、『その本当にやりたいことやるにはどうしたらいいか?』ってのを逆算した結果、唯一の方法がアフィリエイト。それしか選択肢が無かった。

それが2015年の4月頃で、このブログもそもそもほにゃらら用としてその頃に作ったもの。

ほんで、サイトを公開したのは2016年の6月半ばだから、そこまで1年2ヶ月くらいかかってるんだなぁ。

 

遅いよ!

 

まぁでもその間に2回引越ししなきゃならんかったし・・・

秋頃にやる事固まって『さぁやるぞ!』って時に引越し。

春頃に『今月にはようやく公開できるな!』って時に引越し。

それに基本相手に合わせた生活してるから・・・まぁしょうがない!

 

とはいえ、リーマンとか、子育てしてる主婦なんかも時間つくってアフィやってるし、単にのろまってだけなんだけど・・・。

なんか『どうしても今、生活するのに金がいる!』とか、『自分じゃなく、家族の為に稼ぎたい』ってわけじゃないからなんだろうとは思う。おれの場合は自分の為だから、行動に至るための動機がちょっと弱いのかもしれない。

あとそもそも過去に、無職で電気・ガスが止められて全財産100円って経験をしてるので、おまんま食えて寝床がありゃある程度満足できちゃうからかもしれない(そこが駄目な所でもある)。

 

でもドメインの更新費用を、サイト公開1週間前に払った時はさすがに自分でもアホかと思った。

 

なにを思ったか・・・最初は自己啓発本から

f:id:niritsuhaihan:20161125041253j:plain

 

アフィをやる前に最初にしたことは、自己啓発本を読む事。

でも心構えって重要だと思ったから。

自己啓発って定義がよく分かんないけど、あれでしょ?成功するための方法や法則、心構えみたいなことが書いてあるんでしょ?そういうもんでしょ?多分。

これは幸せな金持ちになるにはどうしたらいいか?って本で、

金ってなに?

金に対してどう向き合うべき?

働くってどういうこと?

自分との向き合い方とは?

結局好きな事やれよ!みたいな感じ・・・だった気がする。

『へー』とか『なるほど〜』とか思う事も多かった。

なんつうか、これ読む前自分と向き合った際に分かったんだけど、おれあんま金が好きじゃなかったのよ。表面上はともかく、心の奥では。顕在意識では好きなんだけど、潜在意識では好きではなかった。自分では気づいてなかったんだけど・・・つーか、まぁなくてもいいかみたいな感じだったから。

だから正直これをもっと早く読んでたらよかったと思った。自分との向き合い方も書いてあったし、やる前に知りたかった。

個人的には1巻より2巻、2巻より3巻が面白かった。

今ちょっとAmazonレビューみてみたけど、この本の別れのシーンでボロボロ泣いたって人がいてちょっと笑った。感受性豊かなんだね。でもこの本にあんま感化されすぎても問題。

つーか、自己啓発って感化されてなんぼみたいなもんなんだろうけど、結局持続しないもんなんでしょ?一時的なもんでさ。

でもこの本は奮起したり、自分を鼓舞する為のようなもんでもあるのかもしれないけど、自分の中の考え方を変えるってのには結構いい本だと思う。

あとこの作者、ペテン師かなんかようわからんけど、あんま評判良くないのね。なんか知らんけど。

まぁこれはフィクションだろうけど、単純に読み物として面白いし、個人的にはかなり役に立った。

だからおれはいい本だと思う・・・作者にはあんまり興味ないし、別にセミナーとかもいきたいとも思わないけど。だって必要なことはこの本に全部書いてあるし。

 

f:id:niritsuhaihan:20161125042100j:plain

これは、世界一売れてる自己啓発本の作家の本らしい。

ちなみにこの文庫本は500円くらいなのに、ハードカバーは1万円もするのでアフィリやすい本といえるかも?

物語+巻物って感じなんだけど、そこに商人としての心得みたいなもんが書いてある。

で、この本はあることを実行しなさいってもんなんだけど、『潜在意識』+『読むたびに新たな発見がある』って感じっぽい。

一応それなりに理屈は分かってるから言うけど、これを実行したら100%成功すると思う。

ちなみにおれは途中までしかやってない。めんどい。 

 最初に決めた方がいいこと

f:id:niritsuhaihan:20161125050506j:plain

出典:インベスターZ 15巻 三田紀房

(この人のマンガは面白い)

 

企業理念のようなある程度の方向性は先に決めた方がいいんだろう。先輩方も『同じ轍を踏まないようにね!』って忠告してくれてるし。

 

hannou-style.com

 

riereco.net

 

最初はやっぱり物販って思った。でも変なもんは売りたくない。

料率等が高いASPの物販なんかは情弱が情弱をだましてんのか、情強が情弱だましてんのか分かんないけど、市販でもっと安くていい商品ってあるし、知ってたらやりたくない。(つうか知ってるからあんまやりたくない。ものにもよるけど)

でも別にそれをやってる人を否定はしない。考え方は人それぞれだし、動機についてもただ稼いで贅沢、豪遊したいってだけでも別にいいとは思う。

でも画面の向こうにいるのは生身の人間ってのを考えるとやっぱ変なもんは紹介できないし、そもそもまともに売れないだろうとも思った。だっておれなら買わないから。

あとよさそうな案件はあっても、先にやってる人がいるし、それならあんまやる意味がないような・・・。コンビニの横にコンビニオープンさせるようなもんだから。

コンビニの横に大型スーパーを作れるのなら話は別なんだろうけど・・・初心者には難しい。いずれやりたい案件もあるけど。

結果、Amazon楽天アドセンス主体の人柱スタイル(かんなちゃんスタイル)に決めた。

やっぱり好きなもん売れるっつうのがでかいし、やり方に一番共感できたからってのもある。

・・・いや、極端な話、紹介してるもんを買ってもらわなくても成立するってとこなのかもしれない。だから単価が低くても、結果が出やすいだろうとも思った。

確かおれが最初見た時はかんなちゃんは20万弱くらいだったし、こたつちゃんも始めたばっかだったから・・・うーん、20万か、ちょっと少ない・・・とは思ったけど、色々考えて自分に合ったやり方ってなるとそうなっちゃう。

でも、今後は逆にそういうサイトの方が下手したら稼げるようになると思ったからってのもあるんだけど・・・どうなんだろう。

 

なんか最初に決める方向性さえ間違ってなければ、あとはどうにかなるような気がするって話。